「チビッ子に寝床を占領されとる…」

無邪気に遊ぶ三匹の子猫を見守る、一匹のわんちゃん。 実はここ、このわんちゃんのベッドなのです。

「ご主人、慰めなど不要ですよ」

寝床を奪われてもじっと耐えるわんちゃんを、飼い主さんは撫で撫で。 しかし、「エライ、大人だな!」と褒められても、わんちゃんのテンションは上がりません。

怒っている、もくしくはふて腐れているのかな?と思いきや…

「だって…」

じーっと動かず、子猫たちを見つめるわんちゃんの眼差しに険しさはありません。 わんちゃんの寝床を占領しているなんて思いもしない子猫たちは、まったりマイペースに遊び続けます。

「この子たち楽しそうだし…」

もしかするとわんちゃんは、子猫たちを邪魔に思うどころか、その無邪気さを好ましく感じているのかもしれませんね。

「追い出すなんてできないよ」

そんなわんちゃんの優しさを知っているのでしょうか? 子猫たちは、わんちゃんを怖がったり警戒する様子は全くありません。

この後わんちゃんが動いた理由とは?

 

情報提供元:mofmo
記事名:「わんこの寝床を占領して遊ぶ子猫たち。それを見たわんこの意外な対応にウルっとくる…