犬は忠誠心が強い

Doberman dog

anetapics/shutterstock.com

犬ほど「忠誠心」という言葉がぴったりな動物はいません。

忠犬という言葉も聞きなれていますね。

それにしてもどうして犬は強い忠誠心をもっているのでしょうか?

犬が飼い主に対して忠誠心が強い理由について解説します。

飼い主に対して犬の忠誠心が強い理由 1:知能が高いため

犬は知能が高い動物のランキングの上位にいます。

人間の年齢でいうと2歳、または3歳児の知能に相当します。

犬種によってはそれ以上の能力がある犬もいます。

どの犬も基本的な命令を覚えて従えますし、感情を表すことだってできます。

人間の感情を察知して、それに合わせて行動できます。

犬の忠誠心は元々犬に備わっているのものなんですね。

飼い主に対して犬の忠誠心が強い理由 2:リーダーを識別する能力があるため

犬が飼い主のことを自分のリーダーだと認識するため忠誠心を示します。

野生の頃の犬は群れで生活してたため、群れのリーダーを識別し従うという行動の型があります。

群れでの生活の名残が、今でも主人に忠実に行動できる理由です。

飼い主に対して犬の忠誠心が強い理由 3:長年培われてきた人との信頼関係によるもの

犬のことが大好きな人は、室内で飼育したり、いつでも一緒に過ごします。

犬の方も一緒に居る時間が長い飼い主とその家族には、愛情を感じるということも理由となります。

長い期間に渡って家族のような信頼関係を築いてきた犬なら、それだけ忠誠心も強いわけです。

飼い主や家族が感情的に不安定になると、犬もそれに気づいて反応するくらいです。

長年連れ添ってくれたご主人が亡くなると、飼い犬も後を追うようにして亡くなるという話も理解できますね。

飼い主に対して犬の忠誠心が強い理由 4:性格によるもの

犬種や個体によって、すぐに人に懐き従順な犬や、なかなか気を許そうとしない頑固な犬がいます。

特に闘犬や番犬、また警備犬としての役割を果たして来た犬はかなり難しい面があります。

本来もっている強い警戒心という性格を活かして、闘争心を植え付けたり、不審者や不審物を発見する訓練を重ねます。

そのため、そう簡単には懐いてくれません。

それでもひとたび飼い主のことをリーダーまた家族として認めるなら、とことん忠誠心を発揮できます。

性格的な理由でほとんどの犬が飼い主に対して強い忠誠心を抱くわけです。

飼い主に対して犬の忠誠心が強い理由 5:しつけによるもの

あまり人への警戒心がなく、人懐っこい犬であれば、しつけやすく助かりますね。

もちろん最初から人に懐くような犬だからといって、きちんとしつけをしなければわがままになってしまいます。

中には、生来の性格から人や他の犬への警戒心を強くもっている犬種もいます。

そうした犬種は、より徹底したしつけを必要とします。

まずは、飼い主を主人と認知させるところからはじめます。

しっかりとしつけ行なうので、訓練の結果、飼い主への忠誠心が強くなります。

飼い主に対して犬の忠誠心が強い理由 6:飼われてきた生い立ちによるもの

犬が愛玩用として飼われるようになる前は、主に狩猟犬や牧羊犬として活躍しました。

飼い主の益のために働くというかたちは、かなり昔からできていたということも忠誠心が強い理由です。

人間と犬との間の関係は、長い歴史の中で育まれてきているため、今では、大抵の犬に忠誠心が備わっていると言えます。

まとめ

知能の高いいろんな動物の中でも、犬の強い忠誠心には感激するものがありますね。

元々の性格や飼育環境、これまで果たしてきた役割などが犬の忠誠心が強いの理由です。

いつも時代も人間と近い距離で暮らしてきたとても身近な動物であることも挙げられます。

犬の高い能力をふまえて、かわいい犬をしっかりしつけ、長く寄り添えるように育てていきましょう。

情報提供元:mofmo
記事名:「犬の忠誠心が強いのはどうして?犬と飼い主の関係性について解説!