犬の手作りごはんの利点:餌が安心で安全

ご飯 ボール 犬

pixabay.com

ドッグフードにも原材料が記載されていますが、自分で素材を手にとって選ぶ方が断然安心ですよね。人間が食べることもできる材料を使って愛犬にも食事が作ることができれば、何よりも安全で安心といえます。しかし、人間が食べても問題がないものでも、犬にとっては危険が及ぶものもあります。 正しい知識を身に付けて、安全な手作りご飯を作ってみませんか?

アレルギー対策など個々にあった食事ができる

色々な種類のドッグフードはありますが、その時の体調にあわせてまでは作られていません。けれど、飼い主さんの手作りであれば、その時の体調に合わせた食事を提供してあげることができますね。寒いときには少し暖かくした物を、熱いときには体温を下げてくれる素材を使うなどの気配りが出来るわけです。また、散歩の時間が短かったり、長かったり、その日の消費カロリーは異なります。そういった状況にも合わせてあげられるので、ダイエットにも効果的ですね。

食事の量を調整してあげられる

たくさん量が食べたい犬の場合は、低カロリーで量を増やし、少量しか食べない犬には、一色のカロリーを高くした食事を作ってあげるなどの調整が可能です。便秘の時は食物繊維を増やすなど、行き届いた調整もできますね。

うんちと毛艶が良好になる

便秘をしにくくなり、毛艶が良くなります。使っている油がドッグフードと明らかに違ってくるので、目に見える効果は絶大です。皮膚の状態が良くなったり、涙やけが薄くなったりする効果も出ることがあります。

見た目が良くなる、うんちの状態が良くなるということは、腸内環境も整い内臓の働きは良くなっている証拠ですね。

愛犬と飼い主さんの絆が深まる

愛犬に毎食手作りの食事を作っていれば、愛情は増します。もちろん愛犬も飼い主さんの愛を感じてスクスク快適に生活してくれます。食を共有し、一緒に感じるということは、人同士でも犬と人でも絆を深めることになるんですね。 ドッグフードを与え続けるだけでなく、手作りの食事に挑戦してみてはいかがでしょうか?その為には、犬に必要な栄養素の勉強も必要になってきますが、最近は犬の手作り食本もたくさんあるので、参考にしてみてくださいね。

犬に与えてはいけない食べ物!食べてしまった時の対処法もご紹介!

犬という生き物は、いい香りがしたりすると食べ物じゃなくても口に入れてしまいます。 でも、犬には食べさせてはいけない食べ物も存在します。食べてしまうと命の危険もあるので要注意です。 今回は、そんな食べ物を食べてしまった時の対処法も合わせてお話していきます。

https://mofmo.jp/article/19619

情報提供元:mofmo
記事名:「【餌が安全になる!】犬の手作りごはんがおすすめな5つの理由!