日本人であれば誰にとってもなじみ深い国技「相撲」ですが、実は日本古来から神事として成り立ってきたものだという事はご存知ですか?
 
茨城県の潮来市では、毎年7月の最終日曜日になると相撲祭が開催されます。
実は、茨城県のPRキャラクターは第72代横綱の稀勢の里関
稀勢の里関は茨城県出身で、わんぱく相撲の茨城代表になった経験もあるそうです。
他にも、大関である髙安関が土浦市の出身だそう。
 
 
280201_5

写真提供 @YO NAGAYA

 
 
今回ご紹介する潮来市(いたこし)の『延方相撲(のぶかたすもう)』の歴史は1673年(江戸時代)からと長く、元々は土地を巡る争いが終結したこと祝い、奉納を目的として始められたものです。
現在は県指定文化財、無形民俗文化財に指定されています。
 
 
280201_6

写真提供 @YO NAGAYA

 
 
この祭りは9地区が持ち回りの当番制で行っているそうで、その年の当番地区では6月から見届け行事、神前会議、当番誥家開き、衣装揃え、地取り祭などを行います。
 
この祭りは、世代に関係なく色々な人が地域総出で準備を行うそう。
340年以上も続いているのは、地区の人々が伝統と地域を大切に思う気持ちがあるからこそなのですね。
 
 
280201_4

写真提供 @YO NAGAYA

 
 
この相撲祭では、神社境内に作られた土俵で「二番勝負」「一番勝負」 「新手二人がかり」「小三番」「大三番」などの古式の取り組み48番が行われます。
 
 
<!--nextpage--> さまざまな行事の中でも目を引くのが地元の子どもたちによる『花相撲』
小さな子供たちが大きく本格的な化粧まわしを付けて、一生懸命に相撲を取る姿に胸を打たれます。
 
 
280201_8

写真提供 @YO NAGAYA

 
 
肩車をされ、行列でやってくる姿に思わず微笑んでしまいますね。
 
 
280201_2

出典 潮来市

 
 
化粧回しは、なんと10万円以上する本格的なものもあるそう!
 
 
280201_1

写真提供 @YO NAGAYA

 
 
来年は勝とう!
 
 
280201_7

写真提供 潮来市

 
 
勝った子どもにはご褒美も。
 
 
280201_3

写真提供 @YO NAGAYA

 
 
今年の夏はぜひ、長い伝統のある神事としての相撲をご覧に、潮来市を訪れてみてください♪
 
 
<場所>
潮来市延方 地区 鹿島吉田神社境内
<アクセス>
JR鹿島線延方駅から徒歩約10分
東京から高速バスで約1時間10分
成田空港から車で約30分
 
 
※こちらの記事は許可を得て掲載しております。  
 

情報提供元:@Heaaart
記事名:「子どもたちが一生懸命とる花相撲が微笑ましい♪潮来市伝統の祭『延方相撲』が開催間近!