登別!といえば、クマ牧場!クマ牧場!

 
このフレーズを聞いて道民なら知らない人はいないくらい有名なフレーズです。
今回は、北海道登別市にあるのぼりべつクマ牧場をご紹介します。
愛嬌たっぷりのクマが皆さんを出迎えてくれます!
 
 

クマ牧場へはロープウェイで

 
クマ牧場へ行くには、登別温泉街の中心にある『ロープウェイ山麓駅』から6人乗りのロープウェイ(ゴンドラリフト)に乗ります。
7分間の空中散歩を楽しみながら、クマ牧場へ向かいます!
 
ropeway

出典 のぼりべつクマ牧場-公式ホームページ

 
また、ロープウェイに鮭を吊るして、鮭を寒干ししてトバにするためのユニークなロープウェイが12月初旬~3月までの間運行しています。
1日に2器運行されているようですのでよく探してみてください!
完成したトバはクマの餌になるそうです。
 
toba

出典 のぼりべつクマ牧場-公式ホームページ

 
toba2

出典 のぼりべつクマ牧場-公式ホームページ

 
 

まずは、第1牧場へ!人間がオリに

 
第一牧場はオスのエゾヒグマを観察できるエリアとなっています。
体も大きく大迫力のクマ達を見ることが出来ます。
 
オスのヒグマはメスのヒグマに比べて、動きは少ないものの、東アジア最大の陸上動物ならではの体格と、毎年、5~7月は発情期間でそれぞれのクマが頂点を目指して奮闘する「ボス争い」を繰り広げるなど迫力があります。体調の優れない個体は獣医師がクマ山診療所で治療します。

出典 のぼりべつクマ牧場-公式ホームページ

 
daiichibokujyou

出典 のぼりべつクマ牧場-公式ホームページ

 
このエリアでは、”人のオリ”に入るとクマを間近で観察することもできます。
オリのような施設には大きな窓が設けられ、目の前までクマがやってきます。
なかなか真正面からクマを見る機会は少ないと思いますので、ぜひ訪れてみてください。
 
hitonoori

出典 のぼりべつクマ牧場-公式ホームページ

 
 

第2牧場は、可愛い雌ぐま達!

 
メスのヒグマは活発に動き回ることが特徴で、様々なポーズやしぐさを見せてくれます。
餌をもった観光客が来ると、ちょうだい!ちょうだい!と手をあげてアピールをしてきます。
 
dainibokujyou

出典 のぼりべつクマ牧場-公式ホームページ

 
 
 
 
<!--nextpage-->

誰が一番!?アヒルレース

 
園内ではアヒルレースも開催しています。
1レース200円でどの色のアヒルが勝つか運試しです。
訪れた記念に是非参加してみてはいかかでしょうか?
 
アヒルレース
場所 アヒル小屋(山頂売店横)
日時 通年 9:00~16:00迄の間随時開催
参加 1羽選択につき200円

出典 のぼりべつクマ牧場-公式ホームページ

 
ahiru

出典 のぼりべつクマ牧場-公式ホームページ

 
 

アイヌ文化を体感!ユーカラの里

 
クマ牧場のもう一つの顔とてして存在するのがこの「ユーカラの里」です。ユーカラの里は失われつつある、アイヌの貴重な文化遺産を保存し、有形無形文化財を後世に伝えるため、明治初期の生活様式を忠実に再現しています。また、平取町二風谷から文化保存として伝承者が(5~10月まで)常駐しています。 ※10月21日~4月末まで閉村

出典 のぼりべつクマ牧場-公式ホームページ

 
yukara

出典 のぼりべつクマ牧場-公式ホームページ

 
また、ユーカラの里にある生活資料館では、アイヌ民族の生活用具などをおよそ300点ほど展示しています。
 
siryoukan

出典 のぼりべつクマ牧場-公式ホームページ

 
 

アクセスについて

 
札幌から車や電車で、1時間25分~1時間40分ほどで到着します。
登別には温泉街もありますので、温泉に泊まりながらゆっくり観光するのもおすすめです!
温泉街からロープウェイ乗り場まで無料のシャトルバスも運行していますよ!
 

出典 Google map

 
 
いかがでしたか?
今年の夏休みは、ぜひのぼりべつクマ牧場へクマに会いに行ってみては??
 
 

のぼりべつクマ牧場 公式ホームページ

 
※こちらの記事は、許可を得て掲載しています。
 
 

情報提供元:@Heaaart
記事名:「エサをおねだりするクマの姿が可愛すぎる♡北海道『のぼりべつクマ牧場』