日本の若者の多くが憧れる東京ですが、さまざまな地域から人が集まっているせいか、他の都道府県に比べて個性が見えにくい面があるかもしれません。
ですが、都会にありがち=東京にありがちということ。
今回は、東京あるあるネタをご紹介します♪
 
 
1 そんなに会えない
   

2 地方より国際化されている
   

3 電車が混みすぎ…
 
東西線の木場駅、門前仲町駅間の混雑率は200%にもなるとか…!!
   

4 乗換が難しすぎる
 
地図を見ないと乗り換えられない!
   

5 やはり地下鉄が恐怖
   

6 神奈川と思われている町田市
 
神奈川県側からも「町田は神奈川だと思う」という話が出ています。
 
   

<!--nextpage--> 7 多種多様すぎて共感できない!?
   

8 標準語!?東京弁!?
 
東京弁と標準語は別物です。
元々標準語は山の手方言を基盤として成り立ったそうです。他にも下町方言や多摩方言があったそうですが、現代の若い世代では地域差がなくなってきているとか。
   

9 田舎よりは狭い
   

10 意外と自然も多い
 
奥多摩
 
檜原村
 
檜原村は東京都(本州)にある唯一の村だそうです。
   

11 とにかく迷う
   

12 結局は他県民が多い
   

世界一人の行き来が多い新宿駅や、東京在住の人でも迷うと言われている地下の存在もあり、やはり駅や地下鉄などが印象深いようです。
整理されている都会というイメージが強い東京ですが、住んでみるといろいろな発見がありそうですね!
   

   

出典 YouTube

情報提供元:@Heaaart
記事名:「「人多すぎ」「乗換難しすぎ」「駅がダンジョン」他県民からすると恐怖!?東京あるあるが笑える(12選)