あなたは北海道の恵庭市になる“えこりん村”をご存知ですか?
今回は自然と共に暮らすことを考えさせられる、えこりん村についてご紹介します。
 
 

未来の子どもが幸せに暮らすために

 
“えこりん村”は「えこ」と動物や植物などすべての自然環境とのつなががり「輪=りん」を意識したコミュニティー村です。
 
例えば、レストランに飾ってある花ひとつにしても、自分たちが栽培したものにこだわっています。どうしてもでてしまう生ごみや家畜の糞尿は、肥料として再利用もしています。
 
 
 
 
「未来の子どもが幸せに暮らすために」
 
二酸化炭素の排出を抑える技術開発に、エコロジーを意識した活動なども行いながら、おいしい食文化を伝える素敵な村です。
 
 

無料エリア

 
えこりん村には、無料エリアと有料エリアが存在します。
まずは無料エリアについて解説します。
 
 
・とまとの森
 
 
 
2017年は、4月15日(土)~10月15日(日)に公開されるこのエリア。
通常20~30個ほどしか収穫できないトマトも、ここでは1株13,000個も実をつけます。2013年には世界一大きなトマトの木として、世界記録にも認定されました。
 
(さぞかし珍しい品種でも育てているんだな。)
そう思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、ここにあるトマトはスーパーに並ぶごく普通のトマト。
トマトにとってストレスフリーの環境を心掛け、トマト本来の能力を引き出した結果が、この見事なトマトの木になります。
無数に色づく赤いトマトの艶に、自然の美しさを感じること間違いナシです!
 
 
・花の牧場
 

pepeさん(@jin00001)がシェアした投稿 -

 
 
650種類以上ものバラやオランダ直輸入の宿根草、ハーブなどが揃うガーデンセンター。
ガーデン用品に庭園オーナメントも多数並び、豊富な品揃えからここを目的に訪れる常連客もいるほど。
 
また、定期的にハーブ講座やバラ講座など、楽しい講習会も開かれているので要チェックです♪
 
 
・レストラン
 
えこりん村には、「森のレストラン天満」と「らくだ軒」の2つのレストランがあります。
 
まるで絵本の世界から飛び出たようなメルヘンな建物が特長の「森のレストラン天満」は、四季折々の新鮮な野菜やえこりん村でストレスなく育ったジューシーな豚肉など味わえます!
 
生パスタと窯焼きピザが自慢の「らくだ軒」では、大人気のアルパカソフトクリームも食べられますよ♪
 
 
 
 
次は有料エリアもご紹介♪

 
 
<!--nextpage-->

有料エリア

 
・銀河庭園
 
 
 
世界で活躍するガーデンデザイナー、バニー・ギネスがデザインしたこの「銀河庭園」は、自然への畏敬と感謝の物語を30のテーマで表現した広大な庭です。
季節により移り変わる草花の色合いと、そこに暮らす小さな生き物たちの描く素晴らしい世界が楽しめます!
 
「銀画庭園」内には、庄司トモ子さんがデザインした約4000本の“食べるバラ”が咲き誇る「ロズビィのバラ畑」もあります。
一面の赤い絨毯は見る価値ありです。
 
 
 
 
・みどりの牧場
 
 
 
 
アルパカにヒツジ、リャマ、ヤギなどがくらす牧場。
ぜひ可愛い動物たちとの時間をお楽しみください♪
放羊犬とハンドラが一体となって羊の群れを動かす「みどりの牧場ショー」や、5頭のヒツジによる「ひつじレース」は毎日開催!見ものです^^
 
 

えこりん村PR動画もあります!ご覧ください!

 

出典 YouTube

 
 
・・・・・・いかがでしょう!
あなたもえこりん村に行きたくなりましたか^^?
 
公式サイトもあるのでぜひチェックされてみてくださいね♪
 
 

情報提供元:@Heaaart
記事名:「豊かな自然を感じよう!アルパカもリャマもいる北海道の”えこりん村”に癒される