恐山は、青森県の下北半島の中央部に位置する霊場で、高野山、比叡山と並んで「日本三大霊山」とも言われています。
霊場とは、信仰の対象となる霊験あらたかな場所のことを言います。
 
 
 
 
恐山は、宇曽利湖と外輪山の総称です。
実は恐山とい名前の山があるわけではなく、釜臥山、大尽山、小尽山、北国山、屏風山、剣の山、地蔵山、鶏頭山の8つの山のことを言うそうです。
 
(場所)
251682_1

出典 Craft MAP

 
 

恐山菩提寺

 
菩提寺とも呼ばれる曹洞宗の寺院です。
慈覚大師(円仁)が創設した寺と言われています。
 

mksさん(@mks160615)がシェアした投稿 -

 
 
恐山菩提寺はイタコとは無関係
恐山と言えばイタコですが、菩提寺とイタコには実は何の関係もありません。
個人でやっているイタコさんが境内を利用しているだけですので、恐山菩提寺自体はイタコへの問い合わせや取次は行っていないとのこと。
どうしてもイタコに会いたい時は、恐山大祭、恐山秋詣りの時に行くと出会えるそうです。
※寺務所にイタコについての問い合わせ等は行わないようお願いします。
 
時間:5月1日~10月31日 6:00~18:00(記事作成時の情報ですので、ご自身で事前にご確認下さい)
場所:青森県むつ市田名部字宇曽利山

 
 
<!--nextpage-->

恐山の名前は『うそりやま』だった

 
宇曽利湖(うそりこ)の周囲に位置する恐山は、江戸時代に宇曽利山(うそりやま)と呼ばれていました。
しかし、訛りによって変化し、おそれやま、おそれざんと変化したようです。
元々の名前のウソリは、アイヌ語のウショロ(湾)、もしくはウサツオロスプリ(灰が多く降る山)という言葉からきていると言われています。
 
恐山と聞くと、どれほど恐ろしい山なのか恐怖心を持つ人もいるかもしれませんが、実は訛りによって変化したものだったんですね。
 
 
 
 
1万年以上前に噴火した休火山のため、火山性ガスの噴出のほか、硫黄臭もします。
植物も育ちにくいため、地獄のようなイメージが付いたのかもしれません。
 
 
 
 

死者のいる場所

 
恐山を訪れる人は、パワースポット目的の人だけではありません。
東北大震災以降、参拝者は増えているそうです。
訪れた人は、恐山という場所やイタコの存在を通して失った大切な人を感じ、心の傷を癒しているのかもしれません。
 
 
 
 
生者の死者に対する想いが、恐山を1200年続く霊場にしているのかもしれませんね。
 
 
   

出典 YouTube

情報提供元:@Heaaart
記事名:「死者のいる場所と言われる『恐山』実は地元の訛りで勘違いされて付いた名前だった!?