「困っている人を見かけたら親切にしよう」とは言うものの、実際に困っている状況の人を見た時、すぐに助けられるでしょうか?一方で子どもは、大人のように迷うことなく優しい行動ができるものですよね。
 
今回ご紹介するのは、アメリカのニューメキシコシティに住むディラン君の優しい行動です。
 
新学期の9月が始まると彼は母親のジョセット・デュランさんに、ランチを2人分作って欲しいとお願いします。
 
z

出典 YouTube

 
 
最初、ジョセットさんはその理由がわからず「2食分、食べるのかしら?」と思っていたそうです。
 
しかし、実際にはそうではありませんでした。
ディラン君は友達のために、ランチ2人分を母親に頼んでいたのです。
 
 

ランチ2人分は友達を助けるためだった

 
ディラン君は、クラスの友達にランチをあげていました。 その友達は、シングルマザーである母が失業してしまい、学校の給食代さえ払うことができなくなっていたのです。
 
アメリカの地域によっては、「学校の給食代を払っていない子どもに給食を食べさせない」という厳しいルールがあります。
 
b

出典 YouTube

 
 
給食を食べれずにいる子どもは、自分でランチを持ってこなければ、空腹のまま過ごさなければいけません。そんな空腹に苦しむ友達を見て放っておけなかったディラン君は、お母さんに2人分のランチをお願いしていたのです。心優しいディラン君ですが、この行動にはもうひとつ理由があるといいます。
 
実はディラン君とジョセットさん親子も、貧困で苦しい時期がありました。
 
 

ホームレス生活を経験した親子

 
ジョセットさんとディラン君は、つい最近まで車の中で生活していたのです。
同じ苦境を乗り越えたディラン君だからこそ、人の苦しみを人一倍理解できたのではないでしょうか。それが友達を助けることに繋がったのかもしれません。
 
苦しい経済状況だった母親のジョセットさんもこう語っています。
 
息子の友達のお母さんのこと、痛いほどよくわかります。助けてあげられるなら助けなきゃって思いました
 
v

出典 YouTube

 
 
ジョセットさんは2人分を作る理由がわかってからは、「ランチ、楽しんでね!」というメモを書いて、ディラン君に持って行かせているのだとか。
 
ディラン君の話によると、そのクラスメートはフルーツカップしか口にしていなかったそう。
そんな彼を見て、すぐに行動に移ったディラン君はとても立派ですね。
 
 

親切はきっと誰かに伝わる

 
ジョセットさんがこの話をFacebookで投稿すると、彼女に賞賛の声がたくさん寄せられたそうです。
 
ディラン君のように思い立ったらすぐ行動するのは、とても大切ですね。
心で親切にしたいと思っていても、実行に移さなければ助けて欲しい人は困ったままなのです。
 
h

出典 YouTube

 
 
ランチをもらい助けられた友達も、ディラン君とジョセットさんに大きな感謝をしているはずです。
 
親切にされたクラスメートは、困っている誰かに親切をするのではないでしょうか。
そうやって「親切」がどんどんと人に移っていけば、より世界は素晴らしくなるかと思います(*^_^*)!
 
 
 
 

世界が感動 人の親切が染み渡る動画

出典 YouTube

情報提供元:@Heaaart
記事名:「息子が「明日からお弁当を2人分作って!」と懇願してきた。理由を知った母は涙する・・・。