英語の日常会話でよく使われるのが” I HOPE “と” I WISH “。どちらも「~だといいな」という意味ですが、実は使い方は違うのです。今回はその微妙な違いを解説していきたいと思います。

 

I HOPE~ 「〜だといいな」未来への希望を表現

wish%e3%81%a8hope%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%aa%e3%81%ae%ef%bc%9f%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9%e3%81%a8%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%81%be%e3%81%a8

” I HOPE “が使われるときは、何かが起きる可能性がある時です。決して不可能な事や仮定したことではありません。どんなに可能性が低くても起きる可能性がある時に使います。

また” I HOPE “の後に続く動詞は現在形か未来形というのも特徴です。

I hope you can come to have the dinner on Saturday.

土曜日に君がディナーを食べに来てくれるといいな。(未来の可能性を願っている)

I was hoping that you would come to have the dinner on Saturday.

土曜日に君がディナーに来れることを願っていたよ。(でも”君”は来れなかった)

I had hoped to have the dinner with you.

君とディナーを食べることを願っていたよ。(でもディナーをとることはできなかった)

I hope to get a good score on TOEIC.

TOEICでいい点数が取れたらいいな。(可能性←不可能ではない)

I WISH~「〜だったらいいな」現実に叶うことがない希望を表現

wish%e3%81%a8hope%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%aa%e3%81%ae%ef%bc%9f%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9%e3%81%a8%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%81%be%e3%81%a8

” I WISH “は想像や現実では起きていないこと、もしくは不可能なことを「~だったらいいのにな」と願う時に使用します。

そしてWISHと共に使われる動詞は過去形になります。しかし過去形の動詞だからと言って、過去の話をしていると思ってはいけません。現在の話をしている時に動詞は過去形になるのです。

I wish I had a car.

車を持っていたらいいのにな。(→実際には車を持っていない。でも車が欲しい)

I wish I didn’t have to go to school tomorrow.

明日学校に行かなくてもいいならいいのに。(→明日学校に行かなくてはいけない。でも行きたくない)

I wish I were tall.

背が高ければよかったのに。(→背が高くなりたい。でも現実は背が高くはない)

WISH+HAVE+過去分詞「〜だったらよかったのに」過去に行ったことの後悔の表現

I wish I had studied harder in school.

もっと学校で一生懸命勉強しておけばよかった。(→実際には学校でそれほど一生懸命勉強していない。今そのことを後悔している)

I wish I had made better choices.

もっと良い選択をすればよかった。(→実際に選んだ選択を後悔している。)

WISH+WOULD+動詞の原型「〜だったらいいのに」現在の状況が好ましくないという表現

I wish my kid would help me clean the house.

子供が家の掃除するのを手伝ってくれたらいいのに(→実際には子供は絶対に掃除の手伝いをしない、そして”私”はそれがあまり好きじゃない)

WISH+名詞「頑張ってね」のような他の人々のために何かを願う表現

Wish me luck on my exam.

テストが上手くいくように祈っててくれ。

Wish you do well.

うまく行くことを祈ってるよ。

WISH+動詞の原型 「〜したい」want toよりフォーマルな表現

「~したい」(=want)という意味になります。これはwant toというよりもずっとフォーマルです。

I wish to see your boss.

君の上司に会いたいです。

Do you wish to know more information?

もっと情報が知りたいですか?

 

いかがですか?一度覚えてしまえばそれほど使い分けは難しくないですよね。シンプルに言うと” HOPE “は可能性があることを願う時に、一方” WISH “は絶対に起らないことを願う時に使われます。

どちらも日常会話で頻出なのでぜひマスターしてくださいね。

情報提供元:English Hacker
記事名:「WishとHopeの違いって何なの?使い方とニュアンスまとめ