人類はこの広い宇宙の中でひとりぼっちなのでしょうか。いや、そんなはずがありません。なぜならば、数多くのUFOがみかけられており、そして我々人間だけでは解決できないほどの謎の現象が起きているわけです。ということで今回話題となっておりますのはこちらの南極の現象です。なぜこんな事になったのでしょうか。

謎の形状の氷山

さて話題となっておりますのは、自然にできたとは説明がつかない、謎の形状の氷山です。見る限り明らかにこれは「人工的」と言わざるをえないわけですが、その形状は三角形、そして長方形と、ありえない形をしております。とはいえ、人工的にしたとしてもあまりにも巨大で、これを仮に作るとしたら相当な費用がかかります。

そもそもこんなものを費用をかけて作る意味がありません。なんのPRにもならないので、自然にできたと考えるしかありません。

とはいえ、これが自然だとしたとしても、なぜ出来るのか。そのへんが謎です。やはりこれは地球外生命体による何らかのメッセージに違いありません。

ちなみに、この氷山の大きさは、長さ2~3キロ、高さ40メートルほどだということです。誕生当初は綺麗ですが、すぐに海に揉まれてばらばらになっていくのだということです。

画像掲載元:YouTube

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「南極に地球外生命か!?説明つかない形状の氷山が出現しざわつく!