10月に入り、そろそろ台風が落ち着き出す頃だと思いきや、日本の海水温がまだまだ高く予断を許さない状況です。更に今週末襲ってきます台風19号には特に警戒が必要で、東海〜関東にかけては上陸の恐れもあります。しかもその進路は絶望的で、前回台風15号で甚大な被害を受けた千葉県はさらなる追い打ちになりそうです。

JTWCの予想進路

日本の気象庁よりも正確であると言われております、JTWC(アメリカ海軍)の予想進路によりますと、どうやら関東に上陸し、首都圏を直撃する模様です。

しかもその勢力はすさまじく「非常に強い」という勢力を保ちつつ襲来してくるため、上陸直後は80KTSつまり風速40メートルの風が吹き荒れるという勢いとなることが予測されます。

40m/sは、カテゴリとしては「強い」ですが「非常に強い」状態から接近してくるため、ほぼ「非常に強い」台風が上陸すると考えてもよさそうで、特に前回台風15号の被害を受けた千葉県は要注意です。

ちなみに今回の台風は900hpaまで発達しまして、アメリカのシンプソンスケールで言えば「カテゴリ5」の台風(ハリケーン)となります。つまり前回以上の勢力を誇っております。

もちろん、千葉県のみならず、直撃する周辺地域(特に東側)は風も強く要注意です。

お天気キャスターである「アバンギャルド河津」氏によりますと「確実にどこかで災害が起きます」と警鐘を鳴らしております。

ということで進路となる関東地方に関しては、並々ならぬ準備と備えをしておいたほうが良さげです。

画像掲載元:pixabay

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「非常に強い台風19号の進路が絶望的すぎると話題に