2019年11月22日にニチベイ同時公開される、アナと雪の女王の新作「アナと雪の女王2」(アナ雪2)ですが、早くも映画館では予告が流されております。かねてから新作が出る出るといいつつも、短編だったり、他の作品に出演するだけなど、完全新作ではなかったのですが、いよいよ本物の新作が登場します。

オラフの声が完全コピーされている。

そんななか、気になるのがオラフの声です。オラフの声といえばご存知「ピエール瀧」さんですが、御存知の通り、ピエール瀧さんは、危険薬物の問題で逮捕され、オラフの声優が交代させられてしまうことが明らかになっております。

ピエール瀧容疑者を逮捕 コカイン使用の疑いhttps://www.asahi.com/articles/ASM3F0008M3DUTIL04Z.html

そこで声優が交代され、武内駿輔が新たなオラフ役となったわけですが、声を聞いて分かる通り、恐るべし声優、全く以前と変わりがない。つまり武内駿輔はピエール瀧を完全コピーし、自分のものにしてしまったわけです。

いったい、どうしたらこんな事ができるのか、似た声といえば「クレヨンしんちゃん」の声優が矢島晶子から小林由美子に変更された際も、違和感がないと大絶賛され、古くはルパン三世も山田 康雄から、栗田貫一にモノマネをやっていた経緯でそのまま抜擢されております。

やはり違和感がなく、そのままのイメージで声優を務められるのは非常に視聴者としても心地よいのであろう。

このように全く違和感がないという声優から、こちらの全然変わり過ぎの声優さんまでいるので、一概には言えないのですが、とにかく声は重要。

それを踏まえると、サザエさんの最後の砦「サザエ」の声優変更は一体どんな状態になるのか、今から楽しみではあります。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「オラフの新声優ピエール瀧を完コピで違和感なさすぎネット大絶賛