7月21日に参院選が行われますが、年金問題消費税問題など国民が将来不安になる要素がたくさんあり今回の選挙戦はかなり重要な位置づけになっているのではないでしょうか。しかし、働く現役世代にとって今重要なのは教育問題、待機児童の問題でもあります。令和元年10月1日から幼稚園の保育料無償化が始まりますが、共産党が発表した保育所問題のYouTube動画が話題となっています。

保育園堕ちた死ね

一人の母親の問題提起が社会をゆるがして4年。
「今春も4人に1人 72自治体で6・5万人超」(朝日3月18日付)
どうして?
選挙で変えたい、保育園事情。

子育て世帯に明るい政策は机上だけでなくそれが現実社会にまでしっかり浸透してくれるなら本当に日本は住みよくなるのではないでしょうか。

しかし、理想は理想、現実は現実として、共産党がマニフェストに掲げている政策は本当に実現可能なのか疑問に思っている国民がいるのも事実です。

共産党のマニフェストが実現すれば、働く世代、子育て世代にとって非常にありがたいと思うのは事実ではないでしょうか。

幼稚園無償化の裏に潜む闇も話題となりましたが、

このマニフェストを実現するためには具体的に何を行うのか・・・その当たりをしっかりと説明する義務が共産党にあると感じる国民も多いですね。

画像掲載元 ぱくたそ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「共産党が掲げるマニフェストがヤバい!投票すれば保育園事情が変わる?ネットがざわつく事態に。