少子高齢化の弊害なのでしょうか、やはり高齢者が増えることにより問題となるものは「年金」のような「カネ」の問題だけでなく、人的被害が発生するこのような「事故」のようなトラブルも増えるようです。この問題の歯止めを利かすべく、政府は高齢者に安全機能がついた車のみ運転できる免許を交付する案を検討しているということです。

安全機能がついた車

産経新聞の記事によりますと、高齢者の自動車事故多発を受け、政府が安全機能がついた車のみ運転できる「新運転免許制度」の創設を検討しているということです。ただし、これは義務化ではなく、自主性ですので、自分が高齢者で危険な運転を行う恐れがあると感じれば自主的に取得するという取り組み。

義務化ではないという点がミソで、根本的に高齢者ドライバーを一斉対策を行いたいところではありますが、それに対する高齢者からの反発が強まる恐れがあるので、申告制となっているように見えます。

案の定この精度には「あまり意味がない」「根本的な解決になっていない」「天下りの臭いがする」など否定的な意見が多いようです。

プリウスミサイルの問題も以前から話題となっておりましたが

高齢者が更に増えることを踏まえますと、この問題はまだまだ序章のような気配さえ致します。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「高齢者限定免許、ネットで「意味がない」との声多発!