KFC
ポテトを始めとするサイドメニューが度々食糧危機に陥るファーストフード業界ですが、今回はなんと「チキン」が恐々不足に陥っているようです。しかも、チキンといえば、ケンタッキーフライドチキンにとってはメインとも言える食材。これが手に入らないというのは危機的状況であるのはいうまでもないのですが、それでは収まりませんでした。

ー英国ケンタッキーが閉鎖
18
チキンの供給が出来ない。ということで、英国では現在900店舗でケンタッキーフライドチキンを販売できない状況になり、閉店しているところもあるということです。そもそもケンタッキーフライドチキンでフラインドチキンが無いというのは、もはや「ケンタッキー」とはいえないわけですが、これに怒り狂っているのは熱狂的なKFCファンです。

ツイッター上でフライドチキンをしっかり供給できないKFCに対しハッシュタグ「#KFCCrisis」で怒りを露わにしているようです。


ーネットの反応

足りなくなり心配されるどころかむしろ反感を食らうというのはなかなか信じられないものですが
以前はバーガーキングに、大量のドナルドが押し寄せるなどの被害もありました。


つまり、食べ物の恨みは恐ろしいということでしょうか。

(秒刊サンデー:たまちゃん

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「助けて!チキンが足りなくてケンタッキーが閉鎖なの!→ツイッターで暴動