09
恐ろしすぎる危険が3月にやってきます。これは北朝鮮のミサイルや隕石衝突どころの話ではなく、確実に地球に危機が訪れようとしており、我々の身に降り掛かってくるのかもしれません。2016年9月以降に制御不能となった中国製宇宙ステーション「天宮1号」がどうやら3月には落下してくるというのです。ー天宮1号とは
56
天宮1号とは中国の軌道上実験モジュールで、2011年9月29日に打ち上げられ、中国初の友人ドッキングを成功。2013年に全てのミッションを成功させ、2016年には制御不能に。そして2018年3月には地球に衝突予定ということです。

肝心の、何処に落ちるのかは不明ですが、大気圏突入後バラバラになり更に予測不能な状態になった破片が地球上の至る所に散らばる恐れがあります。

様々な予測が立てられております。その中にはなんと「日本」も含まれているようなのです。

ー落下予測地点

tizu
北緯43度~南緯43度の間ということで、ほぼ地球の半分が落下地点になります。とはいえ、宇宙ステーションが大気圏突入したあとはバラバラになり全てが燃え尽きるとのことで安心したいところですが、専門家は10~40%が燃え残ると予想しております。

さらに問題なのは、有害物質「ヒドラジン」が含まれいてるものもあるということで、頭上に落ちなくとも、落下場所によっては土壌汚染や身の危険に晒されます。

ちなみにこの破片が、人体に衝突する確率はなんと1兆分の1の確率ということで、もはやゼロに近い確率となっております。

はたしてこの破片は日本の何処かに落ちてくるのでしょうか。取り敢えず3月は頭上から何か落ちてこないか、1兆分の1の無料ガチャに要注意です。



画像掲載元:DailyMail / youtube


掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-5274359/Chinas-control-space-station-crash-Earth.html

(秒刊サンデー:たまちゃん

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「超ヤバい!3月に中国の宇宙ステーションが地球に落下!予測地点は日本も!