big

ビックマック指数という言葉がある通り、マクドナルドにおけるビッグマックは、その国も経済規模の指標をあらわわすバロメーターであったりもします。もちろん、国によってその大きさは若干差があるのかもしれませんが、実はその大きさ変わっているというのです。1970年代のビッグマックはとてつもない大きさです。

-1970年代のビッグマック

19

さてこちら(左)が1970年代のビッグマックだということです。もちろん右は現在のビッグマック。そのサイズの差は歴然です。まるで一時期販売されていた「グランドビッグマック」と同じぐらいの大きさではありますが、もしかしたらそれを遥かに凌駕するほどの大きさなのかもしれません。そもそもみーーとやチーズが見えていないほど巨大です。

52
こちらは一時期マクドナルドで販売されておりましたグランドビッグマックです。

3018aaf3-s
名刺よりも大きい。


グランドビッグマックと1970年代のビッグマックがどれぐらいの違いがあるのかは分かりませんが、とにかくデカイのは確かです。同時にビッグマックそのものが小さくなっているという懸念もあります。

このまま将来的にビッグマックが更に小さくなって、通常のハンバーガーぐらいになってしまうのでしょうか。

ビッグマックもいいですが、元モー娘。の辻希美の母親の店も大盛況のようです。


一度は訪れたいバーガーショップとなりそうです。


画像掲載元:Reddit

掲載元
https://www.reddit.com/r/pics/comments/4h48y5/size_comparison_of_mcdonalds_big_mac_over_the/

(秒刊サンデー:たまちゃん

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「デカすぎ!70年代の「ビッグマック」があまりにも巨大すぎると話題に