22
九州北部の豪雨の被害も大きく、日本は改めて災害大国だと痛感させられるわけですが、梅雨の後は「台風」という厄介なシーズンがやってきます。地震のようにいつ来るかという点は予測可能なのでいくらか事前に防ぐことは出来るわけですが、それに伴う災害が何処で発生するかは未知数です。そして今懸念すべきは台風5号です。
ー台風第5号
wp0717
台風5号は一旦日本に接近するような気配があり、その後東にそれるような動きを見せながら、やっぱり戻ってくるという複雑な動きを見せている台風です。そのぶん、温かい海水を含み気圧も下がりやすくなるので警戒が必要です。

中心気圧 970hPa、中心付近の最大風速 35m/s(70kt)となっております。今後勢力を保ったまま西南西に移動するものと思われ、日本にだいぶ接近してきます。

JTWC(アメリカ海軍)の予測によるとまだ日本に上陸するという予測はないのですが、九州北部では先日の災害の件もあり、地盤も緩んでいることから警戒が必要です。

引き続き「台風5号」に関しては注意深く情報を仕入れておきたいところです。

掲載元
http://www.jma.go.jp/jp/typh/1705.html

(秒刊サンデー:たまちゃん)

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「【注意】台風5号、ゆっくりと日本に接近!上陸するか?