3F631C2500000578-4425476-image-a-1_1492614860799

写真はときに我々が「見ていないもの」を見せてくれる時があります。真実を写すものそれが写真なのですが、実はそれに気づかないで普段見ているのかもしれません。つまり本当に写真が見てほしいものは別のところにある。そんな哲学的なうんちくはさておき、こちらの写真はまさにそのようなものを考えさせるものです。
ーよく見て下さい

3F631C2500000578-4425476-image-a-1_1492614860799

さてこちらの写真よくみてください、男の子と女の子が笑顔で向き合っている写真です。非常に微笑ましい様子ですが、実はそれだけではないのです。もう少し引いて画像をご覧ください。すると、今まで見えてこなかったシルエットが浮かんできませんか?そうです、動物ですよね。

どんな動物でしょう。こちらの動物は「うさぎ」さんです。
つまり引いてみると他の絵が浮かんでくるという非常に高度なテクニックを使ったイメージ写真です。

この写真はインド・ムンバイに拠点をおく団体「グループ・フォー・オール」の作品です。これはペットの「里親探し」用告知キャンペーンポスターです。このポスターを通じて、ペットの家族を探すというものになります。

もう少し見てみましょう。

3F631C1F00000578-4425476-image-a-2_1492614875324

これは何に見えますか。

3F631C1800000578-4425476-image-a-4_1492614885208

こちらも何に見えますか。

ここに写っている家族は笑顔で何かを受け入れているのです。何を受け入れたのか、それがシルエットの中に隠されているというなんとも「シャレオツ」なカメラテクニックにおもわずニヤリとしてしまいますね。

このキャンペーンは大成功で、告知後イベント会場には150%の入場者数が増加したのだとか。
イメージは大事ですね。

これを踏まえると筆者であれば「おじいさん」と「おばあさん」が笑顔で手を取り合い「ドクロ」が浮かんでくる写真を撮ってみたいですね


掲載元
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-4425476/Optical-illusion-promotes-pet-adoption-clever-campaign.html

(秒刊サンデー:たまちゃん)

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「【何これ凄い】遠くから見ると「衝撃の真実」が浮かび上がる写真が話題に